PS4、PS5のゲーム

【スパイダーマン マイルズモラレス クリアレビュー】神ゲーの前作を超えたのか?

2021年8月10日

どうも、むらせたいる(@MuraseTairu)です。

今回はPS5のローンチタイトルとして発売されたスパイダーマンシリーズの最新作

スパイダーマン、マイルズ・モラレスについてネタバレ無しで感想、評価をレビューしていきます。

 

ムラセ

一言でいうと、PS5を買うならぜひ一緒に買ってほしいと強くおすすめできる神ゲーでした。

 

神ゲーなんで軽く使いたくない表現ではありますが、このゲームには神ゲーといっても間違いないゲームでしたね、

私はとりあえずやるかあとプレイを始めたらクリアまでぶっ続けでプレイしてしまいました。

 

そんなスパイダーマンマイルズ・モラレスですが、マーベルとかスパイダーマンとかよく知らないという人や続編だけどここから初めて楽しめるのかなど疑問に思っている人もいるかと思います。

そんな人も思わず買ってしまいそうな魅力や、PS4、PS5でのシステム比較、注意点などを語っていきたいと思いますので、最後までぜひご覧ください。

 

 

 

動画でもレビューしてます

 

スパイダーマン マイルズ・モラレスとは

このゲームはPS4でメタスコアの評価も高く大ヒットを記録したMarvel’s Spider-Manの続編となるPS5のローンチタイトルです。

前作主人公はスパイダーマン代表とも言える人物ピーター・パーカーでしたが、本作主人公は前作にも登場していた少年マイルズ・モラレスです。

マイルズは数年前話題になった映画スパイダーバースの主人公だったので知っている人もいるかと思います。

 

高校生になったマイルズ・モラレスは引っ越し先での新しい生活に順応しながら、ピーター・パーカーに導かれて、もう一人のスパイダーマンとしての道を歩み始めます。

しかし、電力会社ロクソンと犯罪組織のぶつかり合いからニューヨーク市民や街を守るため、、ヒーローを志す若者マイルズ・モラレスが戦いながら新のスパイダーマンになるため成長していく物語です。

 

PS4でも十分楽しめますが、やはり本作はPS5で発売されるということもあり、より美しいグラフィックやコントローラーの新機能を体験したい人はPS5でプレイ推奨です。

現在ではまだPS5が売り切れ状態で出回っていないので、我慢するか、我慢せずPS4版を購入するかが悩みどころですね。

 

 

 

スパイダーマン マイルズ・モラレスの魅力をレビュー

では早速、スパイダーマン、マイルズ・モラレスをプレイして感じた良かったポイントを語っていきます。

 

綺麗すぎるグラフィック

このゲームはPS5の性能を誰でもいち早く体験できるゲームだと思っており、その理由がウェブスイングアクションです。

 

ムラセ

このアクションが前作と今作マイルズ・モラレスの楽しさが詰め込まれていると言っても過言ではないですね

 

オープンワールドゲームって中盤以降になるとフィールドの移動がだんだん面倒になってきて、ファストトラベルを多用することも多くなってきますが、

このスパイダーマンではニューヨークの街を蜘蛛の糸を使って簡単操作で自由自在に飛び回ることができるウェブスイングアクションでの移動が爽快すぎて、フィールドを移動しているだけで楽しいゲームです。

 

ここまでは前作とも共通する部分ですが、本作スパイダーマンマイルズ・モラレスはPS5に最適化されたゲームとなっており、

4K解像度のグラフィックと高フレームレート、HDR・レイトレーシングの映像に進化しました。

 

ウェブスイングでの移動は次々に移り変わるフィールドや主人公の動きがもろにps5の進化体験できる瞬間なので、

PS5の性能と相まってPS4とはひと味もふた味も違うゲームプレイが楽しめました。

 

臨場感の増すPS5の新要素

ps4とps5の違いにもなりますが、あたらしくなったのはグラフィックの向上だけでなくコントローラーも進化しています。

まずひとつ目の新機能はアダプティブトリガーで、スパイダーマンがウェブを発射する際にZRボタンを押すのですが、

そのボタンを押す感覚が指先に伝わり、自分の指先から蜘蛛の糸を出しているような感覚にさせてくれます。

 

もう一つは、ハプティックフィードバック。着地したときの振動や、環境による振動、

例えば電車の近くのシーンなどではコントローラーの振動から「ガタンゴトン」というリアルな振動が感じられるので、

自分がその場にいるような臨場感のある体験が新鮮でいろんなアクションをするたびに感動していました。

 

爆速のロード時間

オープンワールドではロードが長い傾向で、長いゲームだと数十秒間待っていないといけない場合もあります。

しかもスパイダーマンの敵はノーマルでも結構強くて油断していると一瞬でやられてしまいリトライをする機会も多いです。

 

このゲームではファストトラベルやリトライをしても、ロードしたのかわからいぐらい一瞬でロードが終わるので、エリア移動やリトライののストレスが0になっています。

PS5に搭載される高速ロードSSDはどんなものかと期待はしていたのですが、その想像の何十倍も速いロードだったので「えっ今のまさかロード時間?」と最初は疑ってしまうほどでした。

 

楽しすぎる戦闘アクション

ここまで紹介してきた魅力はPS5だからこそ発揮する部分でしたが、ゲーム部分も前作に比べしっかりと進化をとげていました。

 

その大きな要素が戦闘システムの進化です。

マイルズは前作主人公のピーターには持ってない特殊能力「ヴェノムパワー」をもっており、糸を使いう以外にも電撃を使ったり透明になれたりすることができます。

 

前作主人公ピーターは肉弾戦+独自開発した多くのガジェットを使い分けてのアクションをするゲームでしたが、対複数戦になると難易度の上がるゲームになっていました。

本作主人公のマイルズはヴェノムパワーのおかげで複数の敵をまとめて電撃で攻撃する技が結構あるので、複数の敵も楽々倒せるスーパーヒーローのようなプレイに更に磨きがかかりました。

ガジェットもピーターよりは少ないですが、戦闘に特化したガジェットが揃っていたので、数の不利を簡単にひっくり返すことができます。

 

ステルスプレイの面では、このゲームステルスで攻撃したときに周りの的にバレるかばれないかが視覚的にすぐにわかるのですが、

敵は10人ほどの集団でいることが多いので、完璧にステルスでプレイしたいのであれば、飛び道具で一人ずつ誘導していかなければなりません、そういうプレイも面白いですけどね。

 

本作では透明になることで攻撃すると絶対にバレるようなシーンでもゴリ押しで集団戦も安定して数を減らすことができます。

スキルの再使用も結構速いので連発も無理なく可能で、少々やりすぎと思いましたがヒーローならこれぐらいやっても問題ないと思い、チートスキルが使えるステルス性もたまにはありかなと楽しんでいました。

 

ココがおすすめ

  • 綺麗すぎるグラフィック
  • 臨場感の増すPS5の新要素
  • 爆速のロード時間
  • 楽しすぎる戦闘アクション

 

スパイダーマン マイルズ・モラレスの気になったことをレビュー

次にこのゲームをプレイして気になったことも少しありましたので語っていきます。

 

ゲームボリュームについて

今作スパイダーマンマイルズ・モラレスはストーリーのボリュームだけでみるとそこまで長時間遊べる感じではありません。

公式でもアナウンスされていたので、私はそのあたりを知った上でプレイしていましたのでまあこれぐらいかと思うぐらいでしたが。

私のクリアまでのプレイ時間でいうと収集要素を少し集めながらで10時間ほどでクリアしました。前作のクリア時間が20時間ちょいだったので、だいたい半分ぐらいのボリュームという感じですね。

 

ストーリーのクリアまでは短いかもしれませんが、ストーリー自体はきれいにまとまっており、2代目スパイダーマンが成長するまでのストーリーをしっかりと体験できる作品になっています。

前作スパイダーマンではダウンロードコンテンツも多数追加されていたので、ボリューム自体は今後そのあたりで増えていく可能性もありますね。

収集要素はかなりおおいので、やり込みながら気長に待ちましょう。

 

あくまで前作スパイダーマンの続編

今作スパイダーマンマイルズ・モラレスは最初から前作主人公のピーターと一緒に行動していたりと、完全に前作からの続きとなっている作品です。

なので、前作をプレイしていないと初めて合うような人ともう親しい状態になっていたり、過去の話が普通に掘り返されたりと、置いてけぼりになってしまう場所も正直出てきます。

 

そういったシーンも多少はあるゲームですが、単体のストーリーとしてきれいなので、

もともと活躍していたピーター・パーカーという有名なスパイダーマン憧れてマイルズが奮闘する物語とだけとらえていれば十分楽しめると思います。

 

もし、せっかくなら前作からプレイしたいという人は、アルティメットエディションを購入することで、前作『Marvel's Spider-Man Remastered』が付属したセットも発売されています。

リマスターはダウンロードコンテンツの追加ストーリー3部作もすべて収録し、PS5向けにパワーアップしたバージョンなので、

最新作に引けを取らない、というか同等のゲームをお得に遊ぶことができるので、個人的にはこちらから是非プレイしてほしいですね。

 

マルバツボタンの反転が裏目に…

ご存知でない人もいるかと思うので説明すると、PS5から海外に合わせ、コントローラーでの決定ボタンがバツボタンに統一されました、日本の私達からすると慣れないですよね。

 

私は設定からマルバツボタンの入力を反転させて今まで通りのプレイに変更していたのですが、スパイダーマンでは三角と丸の同時押しコマンドなどがあり、

マルバツを反転させているひとの操作でいうと上の三角ボタンと下のバツボタンを同時押しするという高等テクニックをする必要があるので、私は諦めて途中からボタン設定を戻しました。

 

なので今まで通りの○決定のコントローラー設定にカスタムしていた人はスパイダーマンで洗礼をうけるかもしれません。

 

スパイダーマン マイルズ・モラレスのレビューまとめ

まとめると、前作スパイダーマンよりグラフィックが向上しコントローラーの新機能が体験できるのはもちろん、

前作よりアクションも爽快になりステルスプレイもヒーローのような力技で乗り切れるようになっていました。

 

ロードも短くファストトラベルややられたときのリトライの速さには驚きましたね。

ストーリーのボリュームは前作より控えめですが、ストーリーの完成度は高く今後の追加コンテンツが楽しみな作品です。

この動画以外にもPS5のローンチタイトル、デモンズソウルやスパイダーマンもクリアしてレビューしたり、ゲーム冒頭数時間をまとめたりしているので、そちらもぜひご覧ください。

 

 

 

Amazonでお得に購入する方法

Amazonでお得に商品を購入したい方は、
Amazonギフト券をチャージして購入することをおすすめします。

現金でチャージすると、最大2,5%のポイントが還元されます。
更に、Amazonギフト券の初回チャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーン中です。



Amazonのキャンペーンを詳しく見る

-PS4、PS5のゲーム

© 2021 ムラメモ