クリエイター向けPC

【raytrek G5-R レビュー】使いやすさと性能を兼ね備えたコスパ最高のクリエイターノートPCを使用してみた

どうも、むらせたいる(@MuraseTairu)です。

今回はドスパラで販売されているクリエイター向けノートパソコン「raytrek G5-R」をレビューしていきます。

 

ムラセ

raytrek G5-Rを一言で表すと、コストパフォーマンスもさることながら

クリエイター作業やゲームがめちゃくちゃやりやすい万能ノート!

 

クリエイター作業やゲームなどはパソコンにかなりの負荷がかかるので、性能が足りていなかったりすると快適に使用できないことになったりしますが、

raytrek G5-Rはノートパソコンの中でもクリエイター向けに開発されているのでそんな心配もないですし、高性能なPCの中でも価格が15万円以下とコストパフォーマンスも兼ね備えています。

 

 

raytrek G5-Rの基本スペックレビュー

 

基本スペック
CPURyzen 7 4800H
メモリ16GB DDR4 SO-DIMM
グラフィックボードGeForce GTX 1650 Ti 4GB GDDR6
HDD-
SSD512GB NVMe SSD
ディスプレイ15.6インチ ノングレア フルHD液晶/ リフレッシュレート 60Hz
インターフェースUSB Type-C:USB3.2 Gen2 x1 (DP Alt Mode対応) / USB Type-A:USB3.2 Gen1 x2、USB2.0 x1

サウンド端子:マイク入力端子×1 , ヘッドフォン出力端子x1 (3.5mm Audio Jack)

映像出力端子:HDMI2.1 x1, miniDP x2

バッテリー約4.1時間
重量約2.0kg
価格134,979円

 

raytrek G5-Rの外観レビュー

本体はシンプルで高級感があるメタリックなブラックで統一されておりロゴも控えめなので外出で持ち運んでも目立つことはありません。

幅が約36cm×奥行き24cm×高さ24cmで重さが2.1kgと、高スペックなPCにも関わらず持ち運びやすいノートパソコンになっています。

 

底面には排熱用のスリットが通常のPCよりも上部に多めに配置されており、四隅に滑り止めがついているので作業時に本体が動く心配もなし。

ノートPCの弱点として長時間の作業をすると熱がこもってしまう問題がありますが、しっかりと発熱対策が施されているので処理能力が落ちる心配もありません。

 

ココがおすすめ

  • 高性能ながらコンパクトで軽く、持ち運びやすい
  • 派手な見た目ではないので人前でも使いやすい
  • 発熱対策によりゲームの処理落ち心配もなし

 

各機能

ディスプレイは15.6 インチの60Hz液晶を採用しています。

ベゼル(液晶周りの縁部分)が狭く画面が一般の15.6インチのPCより大きいので、外枠が気にならず広い画面で作業に集中できます。

 

ムラセ

非光沢のディスプレイなので画面への反射の映り込みの心配がありませんし

長時間の作業やゲームでも目が疲れにくいのもかなり嬉しい!

 

ディスプレイの下部にはWebカメラが標準搭載されているので、ビデオチャットや音声通話を簡単にできます。

 

キーボードはテンキーのある日本語配列のメンブレンキーボードを採用しております。

使い心地も軽いタッチで反応し使いやすく、タッチ音も静かでクリエイター作業やゲームに集中できます。

また、バックライトが搭載されており、暗い場所でも作業がしやすく、バックライトの色は付属のソフトウェアで変更可能です。

 

キーボード右上には電源ボタンのほかPCファンの速度を切り替えられるボタンが配置されています。

ゲームプレイ時や負荷のかかる作業ではモード変更することでファンの音は標準より大きくなりますがパフォーマンスを最大限発揮することができます。

 

ココがおすすめ

  • ディスプレイのベゼルが狭く画面上部がほぼディスプレイなぐらい広い
  • 非光沢のディスプレイで長時間でも疲れにくい
  • ファンの速度をボタン一つで切り替えできる

 

インターフェース

本体右側には「USB3.2(Type-A/Gen1)×2」「SDカードリーダー」があります。

 

本体左側には「ケンジントンロック」「LANポート」「USB2.0(Type-A)」「ヘッドフォン出力端子」「マイク入力端子」があります。

raytrek G5-R最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応しており、有線LANと同等の通信速度で使用することができます。

 

本体背面には「miniDP×2」「USB3.2(Type-C)」「HDMI」「電源ポート」があります。

HDMI端子が搭載されているのは汎用的に使用できて便利ですね。モニターを用意してデュアルディスプレイ環境にするなど幅広い使い方ができます。

 

raytrek G5-R をベンチマークで測定レビュー

raytrek G5-R の処理性能を各ベンチマークを利用して測定してみました。

 

CINEBENCH

内蔵されているCPUのシングル・マルチの性能をCinebenchで計測してみました。

Ryzen 7 4800Hはintelでも人気のi7-7700Kに負けず劣らずの性能を発揮するので、作業は常時快適にできるぐらいの性能は余裕でありますね。

CLIP STUDIO PAINTやWacom Oneの動作もらくらくです。

 

3DMark

グラフィック処理能力全体を計測できるソフト3DMarkでテストしてみました。

GeForce GTX 1650 Ti 4GB GDDR6を採用していますので、クリエイター作業、ゲームや動画編集、グラフィック処理全般で不自由することのない処理能力を発揮してくれます。

 

Adobeソフト

ベンチマークとはすこし逸れますが、クリエイターPCとのことでソフトウェアの中では、かなり負荷のかかるAdobe PremiereProで動画編集をしてみました。

レンダリング速度やプレビュー表示もスムーズで、作業終了まで不自由なく動画編集をおこなえました。エンコードもグラフィックボードの性能のおかげでさすがの速さです。

 

raytrek G5-Rのレビューまとめ

コストパフォーマンスの良さと性能が高性能なのも魅力ですが、ノートパソコンの中でもユーザーの使いやすさを重要視しておりクリエイターPCの入門として最適です。

ドスパラのパソコンは注文から当日~2日には発送されますので、すぐにパソコンが手元に欲しい方には最適なショップですよ。

(※一部納期がかかるモデルもございます。)

どうも、むらせたいる(@MuraseTairu)でした。

 

 

Amazonでお得に購入する方法

Amazonでお得に商品を購入したい方は、
Amazonギフト券をチャージして購入することをおすすめします。

現金でチャージすると、最大2,5%のポイントが還元されます。
更に、Amazonギフト券の初回チャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーン中です。



Amazonのキャンペーンを詳しく見る

-クリエイター向けPC

© 2021 ムラメモ