編集スキル

【本気の人推奨】動画編集を学べるおすすめのオンラインスクール・講座5選

どうも、ムラセ(@Murase7070)です。

最近では動画編集というスキルが徐々に一般化してきており、Youtubeや動画編集の依頼で稼いでいる人も増えてきましたね。

その動画編集を学ぶ手段の中にはオンラインで学べるスクールや講座も豊富に用意されています。

 

オンラインで学べるサービスはたくさんあるけど

種類が多すぎてどの講座を受ければいいよかわからない…

 

今回は動画編集歴3年・Youtube歴2年で色々な動画講座を受けてきた私が

自分に合った動画編集のオンラインスクール・講座の選び方とおすすめのサービスを知識0の人がみてもわかるよう解説していきます。

 

動画編集のオンラインスクール・講座は受けるべき?

動画編集のオンラインスクールや講座は安い価格ではないので、動画編集スキルを身につけたいけど迷っている人も多いですよね。

結論から言うと最短でスキルを身につけたい人やより応用スキルを楽に身につけたい人などの本気で取り組みたい人は受ける価値は大いにあります

 

例お金をケチって独学する人は何から始めるのか、何をするべきかも明確ではないですし、疑問が発生してもすぐに解決ができずつまずいてしまうので

オンラインスクールや動画講座を受けている人との学習の質・時間効率に天と地の差がでてしまうんですよね。

 

ムラセ

Youtubeや動画編集のフリーランスで稼いでいきたい人は初投期資でケチらず

後で使ったお金は回収できると思って勉強したほうが間違いなくうまくいきます

 

おすすめできる人

  • 覚えるための時間やスキルの質にお金を払っても良い
  • 後々のために初期投資を惜しみなくできる
  • 他の動画編集者と差をつけたい

 

動画編集のオンラインスクール・講座の選び方

まず最初に動画編集のオンラインスクール・講座をどのように選べばいいのかのポイントを順に解説していきます。

 

動画編集ソフトの種類

動画編集のオンライン講座を選ぶ前に、どの動画編集ソフトで編集をやっていくのかを決めておく必要があります。

なぜなら、オンライン講座で学ぶことができる動画編集ソフトはほぼ限られており、自分の使わないソフトの講座を受けても無駄になってしまうからです。

オンライン講座で受けられるソフト

  • Adobe Premiere Pro:世界で一番使用されているAdobe社の動画編集ソフト
  • Final Cut Pro:Appleが開発しているMac専用の動画編集ソフト

 

動画編集のオンライン講座では主にこの2つの編集ソフトのスキル習得しかできないですし、現状Final Cut Proの講座も限られているので、

Adobe Premiere Proで動画編集ソフトを始める人は動画編集のオンライン講座を受けることを強くおすすめします。

 

ムラセ

動画編集での仕事依頼もほとんどAdobeでおこなわれますし、

世界での普及率も最も多いのでサービスの大半がAdobeなのは仕方ないですね

 

Adobeは月額料金もかかりますし、機能もかなり多いので初心者にはとっつきづらい動画編集ソフトではありますが、

長期的に見ると作業効率もダントツで使いやすく、動画編集の仕事委託にも有利になるので本気で編集を始めたい人はぜひPremiereを検討してみてください。

 

オンライン講座以外の方法で動画編集のスキルを身につける方法は「動画編集は独学で可能?初心者が独学で失敗しないための方法」をあわせて読んでみてください。

動画編集は独学で可能?初心者が独学で失敗しないための方法

続きを見る

 

習得できるスキル

動画編集のスキルを身につけた後に、その動画編集スキルを使って何をしたいのかを決めておいたほうがオンラインスクール・講座を絞り込みやすいです。

主な目標

  • Youtube活動のための動画を編集するため
  • Youtube動画の編集を委託してフリーランス活動をするため
  • 動画広告の案件を受けて稼いでいくため

これから紹介するオンラインスクール・動画講座の中にはYoutube用の編集に特化したものフリーランスになりたい人のサポートに対応しているサービスもあるので

最適なオンラインスクール・講座でなにが学べるのかは把握しておいたほうが失敗しないですね。

 

受講形式

自分の勉強方法にも向き不向きはあるものなので、勢いで受講したオンラインスクール・動画講座の学び方が合わない場合もあります。

学習方法

  • 動画教材を見ながら身につける
  • 教科書を読みながら身につける
  • プロに課題をもらいながら身につける

受講形式の大体は上記3つのどれかに当てはまりますので、あなたがやっていけそうな受講方法はあらかじめ決めておきましょう。

 

ムラセ

個人的には動画講座を自分のペースで進めていくのがやりやすいと思います

 

動画編集オンラインスクール・講座のおすすめ

 

レバレッジエディット

総合評価
対応編集ソフトAdobe Premiere Pro

Adobe After Effects

習得できるスキルPremiere Pro・After Effectsの基礎

動画広告の制作

フリーランスに必要なスキル

Youtube用の動画編集

受講形式動画学習
受講期間無期限
その他サポート内容案件が獲得できるまでの講師チャットサポート

随時アップデートする無期限の動画閲覧

LINE@による無制限質問サポート

料金59800円

レバレッジエディットはYoutubeなどで活用できるノウハウだけでなく、編集を委託されるフリーランスとしてのノウハウもサポートしている珍しいサービスです。

注目ポイントとしてはオンライン講座の中でも最も新しいサービスでノウハウの内容も新しく、

独学から企業にヘッドハンティングされたプロの講師が動画を作成しているので、知識0の人からでも挫折しやすいポイントを徹底解説しており楽しく動画編集が学べるようなサービスになっています。

 

ムラセ

オンライン講座の中では最安値の59800円なのもコストパフォーマンス抜群です!

 

おすすめポイント

  • 動画講座サービスの中では業界最安値で最新の情報を取り入れている
  • 初心者でも理解できる60本以上の動画でスキルを習得できる
  • LINE@による無制限質問サポートで悩みをすぐに解決できる
  • 高単価の案件が獲得できるまでの徹底チャットサポート
  • 動画編集の仕事を受けるフリーランスのサポートに対応している

レバレッジエディット公式サイトを見る

 

 

Movie Hacks(ムービーハックス)

総合評価
対応編集ソフトAdobe Premiere Pro

Adobe After Effects

Adobe Photoshop

習得できるスキルPremiere Pro・After Effectsの基礎

Youtube動画の編集

受講形式動画学習
受講期間無期限
その他サポート内容LINE@による無制限質問サポート
料金69800円

Movie Hacksは有名事業化の迫さんとチャンネル登録約10万人の動画編集を請負い月数百万を稼ぐ生ハム帝国さんが運営するYoutube動画に特化した動画編集スキルを学べるオンライン講座です。

オンライン講座の中では最も知名度があり結果を出す人も続出しているので、その成果から運営者の迫さんはテレビ出演したこともあるようです。

 

講座のサンプル動画を見て分かる通り、動画を見ながら動画編集の基礎からYoutubeに使える応用までをわかり易く解説しているので初心者もつまづくことはなさそうです。

更には、質問サポートの丁寧で迅速な対応も評判が良く、わからないことをLINEで質問すればすぐに返信がきて解決するのもやりやすいポイントですね。

 

ムラセ

動画編集業界でもムービーハックスは有名で、

中にはムービーハックスを受講したという実績で仕事をうけられたという人もいました

 

おすすめポイント

  • 実績の多さと受講者が多いので安心感がある
  • Youtubeに特化した動画編集スキルを最短で習得できる
  • LINE@による無制限質問サポートが迅速でつまづきにくい
  • 動画教材が誰から見てもわかりやすく初心者でも安心

ムービーハックス公式サイトを見る

 

 

Tech Academy(テックアカデミー)

総合評価
対応編集ソフトAdobe Premiere Pro
習得できるスキルPremiere Proの基礎

動画編集の応用テクニック

受講形式教科書+メンタリング
受講期間4週間プラン/8週間プラン/12週間プラン
その他サポート内容メンターによる週2回のマンツーマンメンタリング

質問サポート

回数無制限の課題添削

料金4週間プラン:149,000円

8週間プラン:199,000円

12週間プラン:249,000円

Tech Academy(テックアカデミー)はオンラインスクールという、名の通りネット上で完結しているスクールです。

現役プロクリエイターの手厚いサポートを受けながら学ぶことができますので動画編集初心者でも上級者用ソフトを確実に習得することが可能になりますよ。

 

他のオンラインスクールにはない特徴としては、やはり挫折しにくいサポート体制です。

受講初回にカウンセリングがあり一人一人違った最適なサポートにカスタマイズされ、専属のプロが進捗に合った課題を調整してくれます。

更には週2回のビデオチャットで直接アドバイスも貰い後押ししてもらいながら勉強できるので、一人で勉強するのに自信がない方にはありがたいですね。

 

ムラセ

無料体験も用意されているので

気になった方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください

 

おすすめポイント

  • プロにマンツーマンでアドバイスをもらえる
  • 自分がやるべき勉強をメンターが調整してくれる
  • 短期で誰でも動画編集ソフトを使いこなせる後押しがもらえる

Tech Academy公式サイトを見る

 

たのまな

総合評価
対応編集ソフトAdobe Premiere Pro
習得できるスキルAdobe製品の基礎
受講形式動画学習
受講期間1ヶ月プラン/3ヶ月プラン/12ヶ月プラン
その他サポート内容質問サポート
料金4週間プラン:39980円

8週間プラン:45800円

12週間プラン:76800円

たのまなは専門学校で有名な『ヒューマンアカデミー』が運営しているオンラインスクールです。

動画を見ながら自分のペースで学びつつ、少しづつ実践していく形で基本操作から応用までをじっくりと習得することが出来る講座で、

メールサポートもついているので分からないところがそのままになる心配はありません。

 

しかも、『たのまな』はAdobe公認のスクールパートナーとして認められているので、受講することでAdobe製品のソフトが半額以上で購入することが可能

  • たのまな:AdobeCCプランの1年契約+1か月の受講料=39980円
  • 普通にAdobeCCを1年契約=72300円

たのまな以外のオンラインスクールは別途でAdobeCC(Adobeの全製品が使えるプラン)が必要なので、

たのまなで学ぶ予定がなくても安くAdobeを購入するためだけに1ヶ月受講プランで購入して他のオンライン講座を受ける方法が最もコスパが良いと思います。

 

ココがおすすめ

  • Adobeの契約が半額で購入することができる
  • 教材動画の量が多いので、自分の好きなところから始められる
  • メールでのサポートが受けられる

 

たのまな公式サイトを見る

 

たのまなでAdobeの契約だけを安くおこないたい人はこちらの「【最安値】Adobe CCを安く購入するには通信講座を受講するべし」を読んでみてください。

 

デジハリ・オンラインスクール

総合評価
対応編集ソフトAdobe Premiere Pro
習得できるスキルAdobe製品の基礎
受講形式動画学習

課題添削

受講期間1ヶ月の動画視聴期間

2ヶ月の課題添削期間

その他サポート内容質問サポート
料金39980円

デジハリオンラインスクールはWeb制作会社が運営している映像制作のオンラインスクールです。

こちらもAdobe公認のスクールなのでリーズナブルな価格でソフトを購入することが出来ます。受講の値段は先ほど紹介した『たのまな』と変わりません。

 

動画で基本操作や応用スキルを習得した上で課題(任意)をプロのクリエイターに添削してもらえる期間が設けられているので一歩一歩、確実に応用スキルを身につけていけるのが強みです。

ただし、あくまでもAdobeの基礎を学ぶ講座なのでより深い動画編集スキルを学びたい方は『After Effects・Premiere講座』を別途受講する必要があります。

 

ココがおすすめ

  • Adobeの契約が半額で購入することができる
  • 課題をプロに添削してもらいながらスキルを磨ける
  • 46時間もの動画教材で自分のペースで学べる

デジハリ公式サイトを見る

 

動画編集のおすすめオンラインスクール・講座まとめ

今回は動画編集のオンラインスクール・講座に受けるべきかの説明とおすすめオンラインスクール・講座を解説してきました。

選択に迷った方は、フリーランスを目指している人は「レバレッジエディット」Youtube用の動画を編集したい人は「Movie Hacks」を選べば失敗しないです。

Adobeのソフトの購入は「たのまな」「デジハリ」経由で購入することで安く契約できるので、契約のために受講するのもありですね。

どうも、ムラセ(@Murase7070)でした。

 

Amazonでお得に購入する方法

Amazonでお得に商品を購入したい方は、
Amazonギフト券をチャージして購入することをおすすめします。

現金でチャージすると、最大2,5%のポイントが還元されます。
更に、Amazonギフト券の初回チャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーン中です。



Amazonのキャンペーンを詳しく見る

-編集スキル

© 2020 ムラメモ