ゲーミングPC

【GALLERIA XA7R-R36レビュー】ゲームプレイに最適なコスパ最高PCの実力は?

どうも、むらせたいる(@MuraseTairu)です。

今回はドスパラで販売されているゲーミングPC「 GALLERIA XA7R-R36 RTX3060搭載モデル」をレビューしていきます。

 

ムラセ

GALLERIA XA7R-R36を一言で表すと

コスパの良いRyzenの使用しつつ性能は妥協していない20万以下で購入できるゲーミングPC!

 

どんなゲームでも快適にできるパーツ構成に加え見た目がおしゃれすぎて届いて始めてケースをみた時興奮してしまいました。

見た目だけでなくゲームの映像処理もかなり優秀でゲームプレイも快適にできるPCです。

 

本記事ではGALLERIA XA7R-R36 RTX3060搭載モデルを実際に手にとって分かった良さや、外観・性能のレビューをおこないましたので、最後までぜひご覧ください。

PCに詳しくない人から見てもわかるよう丁寧に解説していますし、ある程度知識がある人にわかる凄さも紹介していきますね。

 

 

GALLERIA(ガレリア) XA7R-R36の基本スペックレビュー

 

XA7R-R36のスペック
CPURyzen 7 3700X
メモリ16GB DDR4 SDRAM
グラフィックボードGeForce RTX 3060 12GB GDDR6
HDD-
SSD1TB NVMe SSD
マザーボードASRock B550 TW (AMD B550チップセットATXマザーボード)
PCI-E x16 Gen4.0 x1, PCI-E x4 ×1, PCI-E x1 x2 /メモリスロット x4(最大128GB) /SATA3 x6 / M.2 Key-M x2(Gen4x4 ×1 , Gen3x2 ×1)/M.2 Key-E×1
入出力ポート前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4

背面: USB3.1 Gen1(Type-A) x6

重量約14kg
価格179,980円

 

GALLERIA(ガレリア) XA7R-R36の外観レビュー

GALLERIAXA7R-R36のパッケージを開けて本体の全体をみるとこのような感じ。

ガレリアのモデルは2020年からPCケースが新しくなり、家においておくだけでおしゃれな見た目に仕上がっています。

幅220mm × 奥行き440mm × 高さ480mmとゲーミングPCのなかでは少し大きく感じましたね。

 

PCを起動すると正面のケース縁がライトでおしゃれに光ります。

ライトのオンオフや色の変更は専用のソフトウェアで自由に変更可能なので、お好みで設定しましょう。

 

底面には4方に正方形の出っ張った滑り止めがついており、しっかりとデスクトップPCを固定可能で振動も抑えてくれます。

上に見えると思いますが、通気性の良い網目状になっているので内部の熱を逃がしてくれます。網目部分は簡単に取り外しが可能で掃除もかなり楽です。

 

側面はスモークのかかった透明パネルになっており、PC内部がうっすらとみえるお洒落仕様に仕上がっています。

その少し右側には縦上の通気穴が搭載されていて、反対側にも同様にあるので側面からでも熱を逃がす工夫がありますね

 

PCケース上部は排熱用の穴が所狭し、排熱に最適化しているドスパラの気合が感じられますね。

 

ガレリアのケースはリニューアルされ、前方から取り込んだ冷気を背面と上面から排熱する特殊な冷却設計をしています。

ゲームプレイは特にPCが発熱しやすく、長時間プレイしていると処理能力が落ちたりするので、発熱問題を解決しやすくなっているのはさすがです。

 

ムラセ

実際に処理の重いゲームを5,6時間FPSゲームをプレイしてみましたが

パソコンの処理能力も全く変わらず、本体が熱くなる様子もありませんでした

 

インターフェース

インターフェース

  1. USB 3.2 Gen1 Type-A x4
  2. オーディオ入出力端子

 

ケース前面のインターフェースはPCをどこに設置しても使いやすいように45°の角度がついており、デザイン的にもおしゃれですね。

USB端子の数が多いのもユーザーの心を理解してますね!

 

インターフェース

  1. USB3.1 Gen1(Type-A) x6
  2. PS/2コネクター
  3. LANポート
  4. オーディオ入出力端子

 

リアパネルのインターフェースもUSB端子が充実しているので、USB機器の接続に困ることはないですね。

 

インターフェース

  1. HDMI端子×1
  2. Display Port×3

 

グラフィックボードのインターフェースになります。

メインのディスプレイはこちらのインターフェースを使用しましょう。

 

おすすめポイント

  • 洗礼されたおしゃれなPCケース
  • ゲームの発熱に強いケースの冷却構造
  • ユーザーのことを考えたインターフェース配置
  • USB接続にかなりゆとりがある

 

GALLERIA(ガレリア) XA7R-R36の内部レビュー

PC内部は電源部分がボックスで収納されており、きれいな配線でまとまっております。

スペースもゆとりがあり、後からカスタマイズもしやすそうですね。

やはり目を引くのが排熱性に優れたファンの多さで、前面・背面・上面に3つの大きなファンが設置されていますね。

 

CPUファンも大きめのものが標準搭載されており、長時間の稼働に耐えられそうな冷却性能をもっています。

ファンも静音性能の高いものが使用されているので、デスクの上に設置してもファンの音は全然にきなりませんでした。

 

GALLERIA(ガレリア) XA7R-R36をベンチマークで測定レビュー

GALLERIA XA7R-R36の処理性能を各ベンチマークを利用して測定してみました。

 

ファイナルファンタジー15ベンチマーク

ファイナルファンタジー15は3Dゲームの中でもかなり重い部類のゲームで、オープンワールドPCゲームなどはこのベンチマークが参考になります。

検測したところスコアは「快適」の評価。グラフィッククオリティを上げたとしても設定次第でオープンワールドゲームを快適にプレイすることができます。

 

ファイナルファンタジー14ベンチマーク

ファイナルファンタジー14はMMOゲームで限られたマップを読み込みますので中くらいの負荷がかかり、平均的なsteamのゲームはこのあたりが参考になります。

スコアは「非常に快適」との評価なので、映像設定を上げてこだわったとしてもフレームレートも安定して快適にプレイができますね。

 

ドラゴンクエスト10ベンチマーク

ドラゴンクエスト10は軽めのグラフィックで動作するゲームです。フォートナイトやAPEXなどはこのあたりを参考にしてください。

スコアは「すごく快適」との評価。設定を高画質にしても全然余裕で快適にゲームができますね。フレームレートも心配いらないぐらいです。

 

CINEBENCH

CPUのシングル・マルチの性能をCinebenchで計測してみました。

Ryzen 7 3700Xを採用しているので、ゲームプレイのみならず配信など負荷のかかる作業も安心してすることができます。

 

3DMark

3DMarkというグラフィック処理能力全体を計測できるソフトでGALLERIA XA7R-R36をテストしてみました。

GeForce RTX 3060 12GB GDDR6とトップクラスのグラフィック処理が可能なパーツが搭載されているので、ほぼすべてのゲームを快適にプレイできます。

 

GALLERIA(ガレリア) XA7R-R36レビューまとめ

今回は「GALLERIA(ガレリア) GALLERIA XA7R-R36 RTX3060搭載モデル」を実際に手にとって見て感じたレビューをおこなっていきました。

20万円以内の価格で購入できるゲーミングPCの中では破格の性能と使いやすさを兼ね備えており、性能と価格のバランスがとれたコレを買えば安心というpcとなっています。

ドスパラのパソコンは注文から翌日~2日には発送されますので、すぐにパソコンが手元に欲しい方には最適なショップですよ。

 

 

Amazonでお得に購入する方法

Amazonでお得に商品を購入したい方は、
Amazonギフト券をチャージして購入することをおすすめします。

現金でチャージすると、最大2,5%のポイントが還元されます。
更に、Amazonギフト券の初回チャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーン中です。



Amazonのキャンペーンを詳しく見る

-ゲーミングPC

© 2021 ムラメモ